しわの原因と対策|梅田シワ・たるみ治療ガイド

  • シワ・たるみ治療の種類
  • シワの原因と対策
  • たるみの原因と対策
  • 部位別にみる、シワ・たるみ
  • 「老け顔」の原因となるシワ・たるみ
  • 肌の豆知識
  • 肌のお悩み口コミまとめ
  • 肌のお悩みQ&A
  • 大阪・梅田エリアガイド
  • 大阪・心斎橋エリアガイド
  • あなたはどっち?シワ・たるみに関するweb討論
  

HOME > シワの原因と対策

シワの原因と対策

シワには様々な種類があり、種類によって治療法も異なってきます。
こちらのページではシワの原因と対策についてご紹介します。

シワの原因

シワ

加齢の象徴とも言われている症状の一つ、シワ。
シワには様々な原因があると言われていますが、加齢を除き最も影響していると言われているのが紫外線です。
紫外線と言われると、一般的にはしみのイメージが強いかもしれません。
しかし、紫外線を浴び続けることで肌がダメージを受け、ハリがなくなっていきます。ハリがなくなると肌がたるんでくるため、これがシワの原因になります。
また、紫外線は乾燥を招きます。乾燥すると肌がカサつき、細かいシワが増えてしまいますね。
乾燥の対策にはスキンケアが大切ですが、スキンケアをやりすぎてしまうのも実はシワの原因。
力を入れたマッサージなどは避け、優しくケアしましょう。 このほかにも眉間や額、目の周りや口もとにできやすい表情じわ、肥満や顔の筋力不足によるシワ、急に痩せたことで出来てしまう痩せじわなど様々なものがあります。

シワへの対策

シワの対策はもちろん、シワの原因に合わせて行うことが大切です。
例えば、原因が紫外線であれば日ごろからUVケアをしっかりとしておくこと。
紫外線が強いと言われているのは一般的に夏場である5月~9月くらいの間ですが、実は晴れている=紫外線が出ている、というわけではありません。むしろ、肌へダメージ を与える紫外線は曇りの日や冬場のほうが強いと言われています。UVケアは1年中怠らないようにしましょう。
日焼けをしてしまったら乾燥が早いため、すぐに保湿を行うこと。もちろん、日頃の保湿ケアも乾燥を防ぐ大切なスキンケアです。力を入れたマッサージ はスキンケアじわの原因になりますから、優しく行いましょうね。
表情じわはそれぞれのクセをやめるよう心がけましょう。例えば、眉間にシワがあるなら眉間にシワを寄せる表情をなるべくやめること。
肥満・痩せすぎといった体型に関するシワであれば、適正な体型を心がけて食事や運動などに気を使ってみましょう。
顔の筋力低下はシワだけでなくたるみにもつながりますから、日頃から小顔体操などをやってみるのもいいかもしれませんね。

シワ治療のきっかけ

30代後半から気になってくる顔のシワですが、治療を受けようと思ったきっかけはなんなのでしょうか。
人それぞれあると思いますが、大阪・梅田で治療を受ける人の主な理由をご紹介します。

・実年齢より上に見られてショックだったから。
・口元がたるみ、不機嫌そうに見られてしまった。
・いつまでも若々しくいたかったから。
・目元がたるみ、病人のように心配されてしまって…。
などが上がりました。

肌は自分でいくらお手入しても限界があります。
そこで、女性の若々しさの見方がシワ治療です。
しわは実際、人の印象を大きく左右しています。
怒ってないのに怒っているように見られたり。
悲しい勘違いをされないためにも、シミ治療を考えてみてはいかがでしょうか?

シワ治療について

シワ治療について正しい知識をお伝えします。
まず、シワはなぜできるのでしょうか?

しわの原因は主に2つあります。老化と日光や喫煙です。
老化は少なからず想像ができると思いますし、理由も分かると思います。
皮膚が衰筋力が低下することが原因です。張りのある肌は、元に戻る力が強く、シワになりにくいです。その働きを担っているのが肌の中にある組織です。

また、日光や喫煙もシワの原因になると言いましたが、その原因も組織です。
皮膚を支えている組織がタバコの成分や日光の紫外線によって組織が変異し、肌の張りが失われます。

シワ取り治療はヒアルロンサン注射やボトックス注射など、様々な方法がありますが、治療前のカウンセリングをしっかりと受け、自分にあった方法を選択しましょう。
顔を美しく保つ、若く見られたい、シワ治療を行う理由はたくさんあると思います。
治療方法が合わない可能性を考慮しながら、相談しましょう。大阪・梅田のクリニックは対応がとても丁寧で安心して任せることができます。

しわとたるみの違い

しわとたるみの大きな違いは、横方向に進む肌のトラブルか、縦方向に進む肌のトラブルか、ということです。
横方向のトラブルが「しわ」であり、縦方向のトラブルが「たるみ」です。
また、しわは、肌にくっきりと浮かぶものですが、たるみははっきりとはしません。
筋力や新陳代謝の衰え、が主な原因とされています。

肌のたるみは、皮膚がゆるんでしまうことが問題となっています。
その肌が緩むとはどういうことなのか。肌は細胞同士が結合し、真皮層にコラーゲンが多い張りのある状態ですが、細胞の結びつきが弱くなり、コラーゲンの量も減少することで歯張りのなくなった状態を表します。
そのため、表情筋を刺激し、活性化させることで多少改善が見込めます。

大阪梅田のクリニックは丁寧に説明してくれるので、このような違いを聞いたことがあるかもしれません。
間違った対処をしないように、正しい知識を身につけましょう。

色白の人の方がシワになりやすい?

色白、色黒の人など人には様々な肌の色の違いがありますが、肌の色の差によってシワになりやすさの関係生はあるのでしょうか。
結論からいうと、色白の人の方がシワになりやすいです。
その理由は色黒の人は、メラニン色素が表皮の中に多く含まれているので、紫外線による陽射しの影響でも、メラニン色素が皮膚の奥までダメージが行くのを防いでくれます。
逆に白い肌の人の場合は、守るものがなく、ダイレクトに紫外線のダメージを受けてしまうので、日焼けにもになりやすく、アフターケアを怠ると、しわやしみの原因となってしまうのです。
肌の白い人は特に注意して、紫外線対策を行い、少しでも症状が出始めたら早目に大阪の皮膚科でシワ治療を受けることをオススメします。

エストロゲン

シワを防ぐのに効果があるのにコラーゲンを説明しましたが、コラーゲン以外にも大切な物質があります。
エストロゲンとは卵巣から分泌される女性ホルモンの一つの抗酸化物質であり、エストロゲンの低下を防ぐことで、シワ取りに繋がります。
エストロゲンには、肌の老化と関係性があり、エストロゲンを増やすことで、老化を遅らせることができます。
エストロゲンは、コラーゲンや水分があることで、老化していく肌を助けてくれます。
バランスの良い食事や規則正しい生活を送ることでエストロゲンが減ること抑え、シワ治療の改善に寄与します。