ほうれい線、目の下であればどちら?|シワ・たるみ治療ガイド

  • シワ・たるみ治療の種類
  • シワの原因と対策
  • たるみの原因と対策
  • 部位別にみる、シワ・たるみ
  • 「老け顔」の原因となるシワ・たるみ
  • 肌の豆知識
  • 肌のお悩み口コミまとめ
  • 肌のお悩みQ&A
  • 大阪・梅田エリアガイド
  • 心斎橋・難波エリアガイド
  • あなたはどっち?シワ・たるみに関するweb討論
  

HOME > ほうれい線、目の下であればどちら?

ほうれい線、目の下であればどちら?

目の下派
人前で話をする時は、やはり相手の目を見ますので、自分も目が見られると思います。
それゆえに、シワ治療をするのであれば、ほうれい線よりは目の下のシワを取りたいと思います。目元がしわくちゃだととても老けて見えるからです。
ほうれい線派

シワは化粧をすることである程度隠すことが出来ますが、ほうれい線は、深さによっては隠しきれるものではありません。
また、この線があることで、実年齢よりも老けて見られてしまうため、シワよりもこの線を治療したいのです。

目の下派

シワ治療なら、目の下の治療を行ってみたいです。 目付近は目立つ部分になりますし、特に目付近の皮膚がたるんでいると、一気に老けた印象になってしまいます。
人と目を合わせたときに、少しでも若く見られるために治療を受けたいです。

ほうれい線派

もし一方だけのシワを治療するなら、目の下のシワよりも、ほうれい線を治療したいです。
目のまわりのシワは、優しい雰囲気を演出してくれるのでプラスの面もありますが、口のまわりのシワは、逆に怖い印象を与えるので嫌だからです。

目の下派

シワ治療するなら、目の下を選びます。
ほうれい線は若い人でもありますから年齢のせいとは言えませんが、目のまわりは若い人はシワはありません。第一印象で目につくのは目ですから、そちらを治療したいと思います。